生命体の誕生

先カンブリア時代
広告

嫌気性生物の誕生

46億年前に地球が誕生し、そこから6億年ほど経った40億年前に海が誕生、さらにそこから2億年経過した38億年前に全生物の”共通祖先”とよばれる最初の「生命体」が現れたとされています。

当時の地球は地表に強力な紫外線が降り注ぎ、生物が存在できる環境ではなかったため、生命体は海中で誕生したとされています。


また、太古代(40億年前ー25億年前)の地球上の空気中には酸素が無く、窒素と二酸化炭素が主体だったため、その生命体は「嫌気性生物」と呼ばれる酸素を必要としない生物でした。

最初の生命体を元に様々な細菌が誕生し、その全てが嫌気性生物であり、海中を漂う有機物を利用して生存していましたが、有機物だけでは限界があったため自身で栄養素を作り出せる手段が必要とされていました。


光合成を行う生物の誕生

そこで「シアノバクテリア」と呼ばれる光合成を行う生物が27億年ほど前に誕生しました。

光合成を行うことで、より効率的にエネルギーを得ることができるようになり、さらに大量の二酸化炭素を使い酸素を生み出したことで、大気中の二酸化炭素と酸素のバランスが大きく変化しました。

これにより現在のような生物の多様化へとつながりました。


好気性生物の誕生

しかし、シアノバクテリアの光合成による酸素の大量生成は、当時の嫌気性生物にとっては猛毒であり、海底や地底へと追いやられることになりました。

行き詰った嫌気性生物は多様化し、酸素をエネルギーとして利用できる好気性生物が誕生しました。

タイトルとURLをコピーしました