顕生代

多種多様な生物の誕生

カンブリア紀以前の動物の門は、クラゲやイソギンチャクといった「刺胞動物」と呼ばれるものと、上部に口があり壺のような形をしている「海綿動物」と呼ばれる2種類しか存在していませんでした。
先カンブリア時代

多細胞生物の誕生

真核生物の誕生 38億年前に最初の生命体が誕生してからおよそ18億年後の20億年前に、「真核生物」と呼ばれる細胞内に「細胞核」や「細胞小器官」を有する生物が誕生したとされています。 これは、それまで「原核生物」と呼ばれる生物が...
先カンブリア時代

生命体の誕生

46億年前に地球が誕生し、そこから6億年ほど経った40億年前に海が誕生、さらにそこから2億年経過した38億年前に全生物の"共通祖先"とよばれる最初の「生命体」が現れたとされています。
広告
タイトルとURLをコピーしました