顕生代

顕生代

ヒト科の誕生から現代まで

ヒト科の誕生 新第三紀に入りオオカミやネコ、フクロウやカラスといった現代にも生息している生物の先祖が誕生したとされています。加えて、この時代の前半にヒト科に分類される生物も誕生したと考えられています。 後半に入ると様々な生...
顕生代

哺乳類の適応拡散と類人猿の誕生

白亜紀から古第三紀に入ると、白亜紀の末期に誕生していたとされる霊長類や、生き残った哺乳類、鳥類が様々な形で進化し多様化が加速しました。特に哺乳類と鳥類は適応拡散と呼ばれる、大規模な大量絶滅などによって大量の生物が居なくなった際に空いた場所を獲得しようと
顕生代

恐竜の誕生と絶滅

大量絶滅の影響と恐竜の誕生 ペルム紀に起きた大量絶滅の影響は非常に大きく、多様化が進んでいたあらゆる生物種が打撃を受け、壊滅的な被害を出し衰退しました。特に浅い海に生息していた生物の被害は大きく、ほとんどの種が存続できない状態になっ...
顕生代

昆虫の巨大化と双弓類の誕生

石炭紀では、虫が羽を持ち始めたことで生物として初めて空へと進出することになります。また、この時期にシダ植物が大きく発達したことは有名ですが、これにより二酸化炭素が大量に消費され、同時に大量の酸素が生成されていました。
顕生代

多種多様な生物の誕生

カンブリア紀以前の動物の門は、クラゲやイソギンチャクといった「刺胞動物」と呼ばれるものと、上部に口があり壺のような形をしている「海綿動物」と呼ばれる2種類しか存在していませんでした。
広告
タイトルとURLをコピーしました