古代オリエント

古代オリエント

【古代オリエント⑤】アケメネス朝滅亡とその後

パルティア 短い期間で大きな領土を築き上げたアケメネス朝ペルシアでしたが、「アルゲアス朝マケドニア」の「アレクサンドロス3世」によって滅ぼされることになります。 アレクサンドロス3世は無敗のまま生涯を終えており、アケメネス...
古代オリエント

【古代オリエント④】オリエントの統一

オリエントにあるメソポタミア、エジプト、シリア、パレスチナの領土を「アッシリア」が征服したことでオリエントが統一されることになります。アッシリアは北メソポタミアにあり、そこを征服していたアッカドなどに支配されていましたが、国力を伸ばしオリエントを統一、都を「ニネヴェ」に置くようになりました。
古代オリエント

【古代オリエント③】シリア・パレスチナの民族と文化

敵対勢力の衰退 シリアとパレスチナは隣り合うように存在しており、地中海東岸にあったため農作物を作るのに適さず、自分達で得られる食物に限界がありました。 また、複数の民族が居ましたが、その上下に力を持ったエジプトとヒッタイトの二...
古代オリエント

【古代オリエント②】エジプト文明

エジプトは新石器時代に生まれた宗教や文字が発達しており、当時ではかなり先進的でした。宗教は「太陽神ラー」を筆頭に多数の神様が存在し、亡くなった後も霊は残るといった霊魂不滅の考え方などもありました。
古代オリエント

【古代オリエント①】メソポタミア

古代オリエントとは古代ローマ(ヨーロッパ)から見て東にある現在の西アジアや中東にあった地域を指し、「太陽がのぼる所」という意味があります。古代オリエントにはメソポタミア・エジプト・シリア(パレスティナ)・小アジア・イラン(ペルシア)の5つの地域がありました。
広告
タイトルとURLをコピーしました