モンゴル

モンゴル

【モンゴル③】元による中国支配と滅亡

広大な領土を得た元は分裂、元と複数のハン国に分かれ、元は中国の統治に注力するようになります。しかし、元の統治はモンゴル人第一主義であったために階級があり、そういった統治の姿勢が後に反乱を招き、滅亡の原因を作ることになります。元は宋の時代の統治を基本として用いていましたが、自分たちにとって都合の悪いものは容赦なく切り捨てていきました。
モンゴル

【モンゴル②】元とハン国

フビライ=ハンが部族会議のクリルタイで王になると、都を現在の北京である大都に遷し、さらに国号を大元と中国を意識したものにしました。そしてこの元の時代になると共に、落ち着きつつあった対外遠征が再び激化していくことになります。元は初めに南宋を攻め落とし、中国全土を支配しました。次に現在のミャンマーであるパガン朝を征服、また朝鮮半島にあった高麗を属国に
モンゴル

【モンゴル①】モンゴル帝国の台頭

華北周辺など、モンゴル高原やその周辺には古くから遊牧民が存在していました。その中でも匈奴や突厥、女真族など様々な遊牧民が誕生していましたが、その流れの中でテムジンと呼ばれる人物が誕生しました。このテムジンは力を伸ばしていた一族の元に生まれたこともあり、悲惨な目に遭いながらも一気に力をつけモンゴル高原を統一しました。
広告
タイトルとURLをコピーしました