2019-10

古代オリエント

【古代オリエント④】オリエントの統一

オリエントにあるメソポタミア、エジプト、シリア、パレスチナの領土を「アッシリア」が征服したことでオリエントが統一されることになります。アッシリアは北メソポタミアにあり、そこを征服していたアッカドなどに支配されていましたが、国力を伸ばしオリエントを統一、都を「ニネヴェ」に置くようになりました。
古代オリエント

【古代オリエント③】シリア・パレスチナの民族と文化

敵対勢力の衰退 シリアとパレスチナは隣り合うように存在しており、地中海東岸にあったため農作物を作るのに適さず、自分達で得られる食物に限界がありました。 また、複数の民族が居ましたが、その上下に力を持ったエジプトとヒッタイトの二...
古代オリエント

【古代オリエント②】エジプト文明

エジプトは新石器時代に生まれた宗教や文字が発達しており、当時ではかなり先進的でした。宗教は「太陽神ラー」を筆頭に多数の神様が存在し、亡くなった後も霊は残るといった霊魂不滅の考え方などもありました。
古代オリエント

【古代オリエント①】メソポタミア

古代オリエントとは古代ローマ(ヨーロッパ)から見て東にある現在の西アジアや中東にあった地域を指し、「太陽がのぼる所」という意味があります。古代オリエントにはメソポタミア・エジプト・シリア(パレスティナ)・小アジア・イラン(ペルシア)の5つの地域がありました。
先史時代

【先史時代②】新石器時代

旧石器時代から中石器時代にかけて、狩猟採取社会と呼ばれる、食料を採取しないと食べるものがない「獲得経済」が行われていました。しかし、安定性の向上を求め新石器時代では農耕や牧畜といった、比較的安定して食料を得られる「生産経済」に移り変わっていきます。
先史時代

【先史時代①】人類の出現

猿人 (約700万年前~) 人類は猿人が約700万年前に誕生したところから始まったとされています。 猿人はそれまでとは違い直立二足歩行で活動できるようになりました。直立二足歩行になったことで頭を支えやすくなり、脳が進化できるよ...
顕生代

ヒト科の誕生から現代まで

ヒト科の誕生 新第三紀に入りオオカミやネコ、フクロウやカラスといった現代にも生息している生物の先祖が誕生したとされています。加えて、この時代の前半にヒト科に分類される生物も誕生したと考えられています。 後半に入ると様々な生...
顕生代

哺乳類の適応拡散と類人猿の誕生

白亜紀から古第三紀に入ると、白亜紀の末期に誕生していたとされる霊長類や、生き残った哺乳類、鳥類が様々な形で進化し多様化が加速しました。特に哺乳類と鳥類は適応拡散と呼ばれる、大規模な大量絶滅などによって大量の生物が居なくなった際に空いた場所を獲得しようと
顕生代

恐竜の誕生と絶滅

大量絶滅の影響と恐竜の誕生 ペルム紀に起きた大量絶滅の影響は非常に大きく、多様化が進んでいたあらゆる生物種が打撃を受け、壊滅的な被害を出し衰退しました。特に浅い海に生息していた生物の被害は大きく、ほとんどの種が存続できない状態になっ...
顕生代

昆虫の巨大化と双弓類の誕生

石炭紀では、虫が羽を持ち始めたことで生物として初めて空へと進出することになります。また、この時期にシダ植物が大きく発達したことは有名ですが、これにより二酸化炭素が大量に消費され、同時に大量の酸素が生成されていました。
広告
タイトルとURLをコピーしました